SCORE CARDBACK NUMBER

春の主役はオカダか内藤か!? 新日本バトル戦線を占う。~タイガーマスクW、棚橋、鈴木が主役を狙う~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/02/27 09:00

春の主役はオカダか内藤か!? 新日本バトル戦線を占う。~タイガーマスクW、棚橋、鈴木が主役を狙う~<Number Web> photograph by Essei Hara

鈴木の挑戦を退けたオカダは「NJCの間にやりたい」と、タイガーマスクW戦を望んだ。

“春のG1”といわれるシングルのトーナメント戦、ニュージャパン・カップ(NJC)の開幕(3月11日、名古屋・愛知県体育館)を間近に控え、新日本プロレス'17年上半期のバトルラインが透けて見えてきた。

 2月5日の札幌大会で、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカが鈴木みのるに40分46秒、レインメーカーを叩き込んで3度目の防衛に成功した。同大会ではNEVER無差別級王者後藤洋央紀も、'15年10月入団の新鋭ジュース・ロビンソンの挑戦を退け、初防衛を果たしている。

 2月11日の大阪大会では、IWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也が、怪力マイケル・エルガンを36分17秒で料理して3度目の防衛を飾り、去年のプロレス大賞MVP男らしい見せ場を作った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

三浦知良、50歳 まだやるよ。

Sports Graphic Number 922

三浦知良、50歳 まだやるよ。

 

新日本プロレス
オカダ・カズチカ
内藤哲也

プロレスの前後の記事

ページトップ