SCORE CARDBACK NUMBER

松山英樹はアジアの枠をはるか超える王者に。~デイ、スピースを超えてウッズの境地に?~ 

photograph byAFLO

posted2017/02/25 17:00

松山英樹はアジアの枠をはるか超える王者に。~デイ、スピースを超えてウッズの境地に?~<Number Web> photograph by AFLO

プレーオフを制し、米ツアー4勝目の松山。歴代最多はサム・スニード(米国)の82勝だ。

 松山英樹が米PGAツアーのフェニックス・オープン(アリゾナ)で優勝し、同ツアーでの通算4勝目をあげた。周囲は私の3勝という日本人記録を抜いたことを取り上げてくれたが、前から指摘しているように、松山にとっては通過点にすぎない。先日、ロサンゼルスで松山と祝勝会をした時に「年間、何勝もして、ずっと世界ランク1位にいるような選手になれると素晴らしいよね」という話をした。ボギーを打つ気配が全くないし、それくらいの安定感があるからだ。

 振り返れば、タイガー・ウッズが故障で欠場するようになって以来、世界ランク1位を長期間守るような王者は現れていない。ウッズは合計10シーズンで年間5勝以上の優勝(歴代2位・79勝)を成し遂げ、683週(13年以上!)に渡って世界ランク1位に君臨した。ジェイソン・デイ(豪州)、ジョーダン・スピース(米国)のような選手が出てきたが、やはりウッズは別格。ただ松山の今シーズンの戦いぶりを見ていると、日本やアジアの記録をはるかに超え、それに近づくような次元を目指してもいいのではないかとさえ思えてくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 460文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

三浦知良、50歳 まだやるよ。

Sports Graphic Number 922

三浦知良、50歳 まだやるよ。

 

松山英樹
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ