SCORE CARDBACK NUMBER

昇進なるか豪栄道と高安、九州場所の
重圧に勝てるか。~琴奨菊も、
稀勢の里も、プレッシャーに負けた~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/11/20 09:00

昇進なるか豪栄道と高安、九州場所の重圧に勝てるか。~琴奨菊も、稀勢の里も、プレッシャーに負けた~<Number Web> photograph by KYODO

秋場所は豪栄道(右)が寄り切って高安に勝利。九州場所も互いにとって大一番になるだろう。

 豪栄道の綱取りと、高安の大関取りが掛かる九州場所が始まっている。先の9月秋場所で全勝初優勝した豪栄道の、その変身ぶりには誰もが目を見張ったものだ。

 大関昇進から初優勝するこの場所までの12場所中、2ケタ勝ち星はたった1場所だけ。4度ものカド番を経験していた豪栄道は、左膝のケガや太ももの肉離れ、目の近くの顔面骨折などで、思うような稽古ができない日々が続いていたという。数々のケガも癒え、やっと充分な稽古ができるようになって迎えた秋場所だったのだ。それまで悪癖とされていた、土俵際での苦し紛れの首投げも影を潜め、下半身が安定し、攻め込まれても慌てずに我慢。勢いにも乗れた先場所だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

豪栄道
高安

相撲の前後のコラム

ページトップ