SCORE CARDBACK NUMBER

日本人初、ムエタイの聖地で王座を防衛したT-98の戦略。~ギャンブルのオッズも気にして戦う!?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byHiroshi Soda

posted2016/10/29 17:00

日本人初、ムエタイの聖地で王座を防衛したT-98の戦略。~ギャンブルのオッズも気にして戦う!?~<Number Web> photograph by Hiroshi Soda

新人時代から身体が大きかったためターミネーターをイメージし、T-98と名付けられた。

 アウェーの地で日本のムエタイ戦士が快挙を成し遂げた。10月9日、タイ・バンコクのラジャダムナンスタジアムで同スタジアム認定スーパーウェルター級王者T-98(タクヤ)が同級7位のプーム・アンスクンビットを3RTKOで沈め、王座初防衛に成功したのだ。

 獲るより守る方が遥かに難しい。ラジャダムナンで王者になった日本人選手はT-98以前に4名いるが、誰もタイで防衛に成功した者はいない。それは、もうひとつのムエタイのメジャースタジアム――ルンピニーでも同様だ。

 なぜか。それはタイのムエタイはギャンブルの対象なので、現地のギャンブラーを納得させるため、勝負の要は3~4R、といったセオリーに則った攻防をしなければ認められない傾向があるからだ。T-98にも、それが重圧にならなかったといったら嘘になる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

武豊 四千勝のすべて。

Sports Graphic Number 913

武豊 四千勝のすべて。

 

格闘技の前後の記事

ページトップ