SCORE CARDBACK NUMBER

シューマッハーの記録に迫るロズベルグの知的対応力。~トラブル、パワーユニット、タイヤ選択でハミルトンに先手~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/04/30 10:30

シューマッハーの記録に迫るロズベルグの知的対応力。~トラブル、パワーユニット、タイヤ選択でハミルトンに先手~<Number Web> photograph by AFLO

昨年までハミルトンの後塵を拝すも今季は圧倒。私生活では'14年に結婚し昨年長女が誕生。

 開幕から3連勝を中国GPで成し遂げたロズベルグが2位ハミルトンを36点リードした。メルセデスの両雄は一昨年から熾烈な争いを続けているが、ロズベルグは'14年に29点差としたのが過去最高だ。

 昨季から通算すると6連勝で、これは偉業と言える。史上最多記録の9連勝は'52~'53年にアスカリ、'13年にベッテルが達成。2位は'04年のシューマッハー7連勝で、彼は3位の6連勝も'00~'01年に記録している。いまやロズベルグはフェラーリ全盛期のシューマッハーに迫るところまで来たのだ。先達はチーム内で“エース”の座に君臨する情況で記録を達成したが、ロズベルグはそうではない。強敵ハミルトンと同じ条件で競う立場で、かかるプレッシャーはかなり違う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 610文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

岡崎慎司とレスターの衝撃。

Sports Graphic Number 901

岡崎慎司とレスターの衝撃。

 

F1の前後の記事

ページトップ