SCORE CARDBACK NUMBER

日本生まれアメリカ育ち、大坂なおみが見せた実力。~女子テニス界の新星は、ザ・アメリカ10代女子?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/02/07 08:00

日本生まれアメリカ育ち、大坂なおみが見せた実力。~女子テニス界の新星は、ザ・アメリカ10代女子?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

3回戦は元世界1位のアザレンカに1-6、1-6の完敗で、格の違いを見せつけられた。

 全豪で四大大会初出場初勝利。試合後、定員十数名の第2会見室に、その倍ほどの記者が押し寄せた。3分の1は米国の記者だ。'14年、当時世界ランク406位の大坂なおみは米国のツアー大会で'11年全米女王のサマンサ・ストーサーを破っている。未完成ながらスケールの大きい「ナオミ」は、先に米国で注目株となっていた。会見で司会者が「最初に英語の質問を」と促すと、大坂が「英語“だけ”で」と口を挟んだ。大阪で生まれ、3歳からアメリカ在住、両国のパスポートを持つ。日本語は「勉強中」で、会見ではほとんど話さない。

「ナーバスになってしまうの。質問が早口だったりすると『え、どうしよう! 最初が聞き取れなかった』ってなってしまうから。それって、ばかみたいだし」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

We got it!アジア王者、リオ五輪へ。

Sports Graphic Number 895

We got it!
アジア王者、リオ五輪へ。

 

大坂なおみ

テニスの前後の記事

ページトップ