SCORE CARDBACK NUMBER

グリンキーが年40億円超。年俸高騰が生む格差問題。~地方球団は獲得競争の埒外に~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/12/22 08:00

グリンキーが年40億円超。年俸高騰が生む格差問題。~地方球団は獲得競争の埒外に~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

グリンキーはドジャースで19勝3敗。防御率1.66は両リーグを通じて1位と抜群の実績。

 過去数年、スローな動きの傾向が強かったメジャーのFA市場が、今オフは早い時期からダイナミックに動き始めた。まずは、地区最下位からのチーム再建を図るレッドソックスが、左腕デビッド・プライス(前ブルージェイズ)を、その時点で投手として史上最高額となる7年・2億1700万ドル(約266億円)で獲得。球界内に強烈なインパクトを与えた。

 これに対し、ドジャースとジャイアンツの一騎打ちと見られていたザック・グリンキー(前ドジャース)が、同地区のライバル、ダイヤモンドバックスと6年・2億650万ドル(約253億円)で合意。単年平均では、プライスを大幅に上回る約3400万ドル(約41億円)となり、史上最高額を更新した。一部選手に限られた「バブル経済」が、メジャー市場で表面化した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ボストン・レッドソックス
デビッド・プライス
アリゾナ・ダイヤモンドバックス
ザック・グリンキー

MLBの前後のコラム

ページトップ