SCORE CARDBACK NUMBER

W杯5位に沈んだ日本女子。足りなかったのは「個の力」。~コートの中に勝負強さを持った選手が何人いるか~ 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/09/29 06:00

W杯5位に沈んだ日本女子。足りなかったのは「個の力」。~コートの中に勝負強さを持った選手が何人いるか~<Number Web> photograph by Getty Images

19歳の古賀は11試合で150得点を記録。全選手中5位で、チーム内でも長岡に次ぐ好成績だ。

 来夏のリオ五輪で金メダルを獲得する。そのためにW杯で2位以内に入り、五輪出場権を得ることは、女子バレー日本代表の今季最大の目標だった。

 だが、結果は5位。主将の木村沙織は、中国やセルビアを始めとする上位国との違いを問われると「コートの中に何人、勝負強さを持った選手がいるか、だと思う」と答えた。それは結局、「個の力」が課題になったということでもある。

 高さやパワーなど、身体的要素の違いが競技に大きく影響する中で、日本がどう勝つか。ロンドン五輪以後、ミドルブロッカーを1人減らした「MB1」や、それぞれが複数の役割をこなす「ハイブリッド6」など、世界では他に類を見ない戦術に取り組んできた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

木村沙織
島村春世
大竹里歩
リオデジャネイロ五輪

バレーボールの前後のコラム

ページトップ