SCORE CARDBACK NUMBER

代表戦で見せた“別の顔”。西川周作から笑顔が消えた!?~自らも驚いたもう1つの側面~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/09/26 06:00

代表戦で見せた“別の顔”。西川周作から笑顔が消えた!?~自らも驚いたもう1つの側面~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

昨年のW杯で出場機会ゼロも、独のノイアーに刺激を受け、新しいGK像を模索し続ける。

 いつもとは違う西川周作がいた。

 所属先が決まらず、代表に招集されなかった川島永嗣に代わって先発のチャンスを掴んだW杯予選のカンボジア戦、アフガニスタン戦。守備の集中を味方が切らさないよう、絶えず彼の大声が響いていた。ときに味方を叱り飛ばす声。無失点は最低限のノルマとしても、一分の隙すら許さない雰囲気があった。


 西川のモットーは「笑顔」。常に冷静沈着で味方に安心感を与え、声と言っても周りを鼓舞するものが多かったと思う。しかしこの2連戦は明らかに別人の顔だった。アフガニスタン戦ではキャッチしたFKのボールをそのまま前に送ろうとした際、相手に腕を掴まれると激しく腕を振り払い、怒りのジェスチャーを示す場面もあった。闘う姿勢というものを内に収めず、敢えて表に出していった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

西川周作

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ