丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

酷暑とゴルフの関係。東京五輪が不安になる……。~ナイターが不可能な競技特有の難しさ~ 

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/08/23 15:00

酷暑とゴルフの関係。東京五輪が不安になる……。~ナイターが不可能な競技特有の難しさ~<Number Web> photograph by KYODO

'97年7月のフィランスロピートーナメント(山梨)で氷嚢を頭に当ててプレーする丸山。

 この夏の酷暑によって、高校野球の問題など、暑さとスポーツについて様々な議論が飛び交っています。ナイターでやればいいとか、室内でやればいいとか、多くの意見がありますが、僕としては、できる対策はなるべくやった方がいいと思っています。

 ゴルフの試合はナイターでやることも、室内で行われることもないので、当然ながら暑さの問題は切実です。まだ僕が学生だった頃は、この時期に、日本ジュニアという大きな試合があって、その当時は選手がキャディバッグを担いでラウンドしていました。

 今ほどスポーツドリンクなどが普及しているわけでもなく、日傘をさすという考えも浸透していなかったので体力を消耗して、目の前で倒れていく選手もいました。何とかラウンドはしたけど、表彰式になって気分が悪くなるという選手もたくさんいました。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

丸山茂樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ゴルフの前後のコラム

ページトップ