ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

炸裂するコレクターの情熱。~プロレス音楽のレコード、という狭い世界はどこにつながっているか~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2017/04/11 07:00

炸裂するコレクターの情熱。~プロレス音楽のレコード、という狭い世界はどこにつながっているか~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館』清野茂樹著 立東舎 2000円+税

 ある世代より上の方なら、英国のロックバンド、ジグソーの「スカイ・ハイ」を聴けば、ミル・マスカラスの入場シーンを思い浮かべるのでは?

 プロレスラーの入場にテーマソングあり。アントニオ猪木の「炎のファイター」を聴けば、多くの人が条件反射でBOM-BA-YEと叫んでしまうだろう。

 本書は現在のプロレス実況の第一人者である清野茂樹アナウンサーが、自宅に抱えるプロレスレコードを極私的に紹介する1冊。最近のアナログレコード&プロレスブームは、女性や若年層への広がりを見せているが、果たしてプロレスレコードはどこに届くのか?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 416文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
清野茂樹

プロレスの前後の記事

ページトップ