新刊ドラフト会議BACK NUMBER

トミー・ジョン手術では肘の故障はなくせない。~手術で治るからといって、壊れていいわけではない~ 

text by

大矢博子

大矢博子Hiroko Oya

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2017/05/31 16:30

トミー・ジョン手術では肘の故障はなくせない。~手術で治るからといって、壊れていいわけではない~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品』ジェフ・パッサン著 ハーパーコリンズ・ジャパン 1800円+税

 最近ではダルビッシュ有や松坂大輔が受けたことで注目されたトミー・ジョン手術。肘靭帯の再建手術のことで、アメリカの整形外科医フランク・ジョーブ博士が考案、1974年にメジャーリーガーのトミー・ジョンに初めてこの手術を施したことからこの名がついた。

 そう聞いて、往年の野球ファンが思い出すのは村田兆治だろう。肘にメスを入れるのはタブーとされていた'80年代、彼は信念を曲げて手術を受け、見事に復活を遂げた。その後、荒木大輔、桑田真澄らスター選手がジョーブ博士のもとを訪れる。桑田真澄が2年近いブランクの後、復活のマウンドで跪き右肘をプレートにつけた場面はとても印象深い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 689文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダービージョッキー最強伝説。

Sports Graphic Number 927

ダービージョッキー最強伝説。

 

ジェフ・パッサン
大矢博子
トミー・ジョン

MLBの前後の記事

ページトップ