Before The GameBACK NUMBER

千代の富士には「威」の字が似合った。~精悍な男は、死ぬまで大将だった~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2016/08/21 08:00

千代の富士には「威」の字が似合った。~精悍な男は、死ぬまで大将だった~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

この「筋骨隆々」の肉体は、肩の脱臼癖を克服する過程で完成された。

 大将、付け人はそう呼んだ。いま書かなくてはならないのが寂しいけれど、狼とも呼ばれた精悍な男は死ぬまで大将だった。

 元横綱、千代の富士。あれほど頑丈な体に病は宿り、61歳にして雲上の土俵へ迎えられた。

 歴代3位の優勝31度。同2位の通算1045勝。当時、双葉山の記録の次点となった53連勝の記憶も鮮明だ。


 お相撲さんなのにアスリートであった。つぶらと表現したくなる両の目が小さな顔面に収まり、なで肩から突き出る腕の筋肉は余分な脂肪にくるまることなく小さな山脈を形成した。体の幹は巨漢との衝突にまるで揺るがない。太くしなやかな足が連写のシャッター音のリズムで前へ動いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 949文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

千代の富士

相撲の前後のコラム

ページトップ