猛牛のささやきBACK NUMBER

オリックスに次世代の“足”が誕生。
投手から転向した佐野皓大の可能性。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byORIX Buffaloes

posted2019/02/22 10:30

オリックスに次世代の“足”が誕生。投手から転向した佐野皓大の可能性。<Number Web> photograph by ORIX Buffaloes

首脳陣からの期待も大きい佐野。現在の課題は盗塁のスタート。コンマ数秒を縮めるための努力を惜しまない。

夢は動物園、でも今は野球に集中。

 14日の試合で佐野に盗塁を決められた捕手の伏見寅威はこう語った。

「走力はチームの中でトップレベルだと思うし、変化球のタイミングで行ったので、そういう読みもいいし、際どいタイミングをセーフと言わせるスライディングの強さもある。もちろんまだまだ足りないところはたくさんあって、今はスキル、考え方含めて小田さんが(走塁の)ナンバーワンだと思うけど、佐野は『小田さんに勝ちたい』と言って頑張っている。大きな可能性を秘めていると思います」

 無類の動物好きの佐野は、今でも「淡路島のあたりに動物園を作ろうかなーと思ってます。保護施設から引き取ったりして」と夢を語る。でもそれは「じいちゃんになってから」。

 今は、グラウンドに落ちているチャンスをつかむことにすべてをかけている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西村徳文
佐野皓大
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ