沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

オジュウチョウサンの障害復帰は、
「どちらにしてもすごい挑戦」。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/30 07:00

オジュウチョウサンの障害復帰は、「どちらにしてもすごい挑戦」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

オジュウチョウサンという馬のキャリアは唯一無二のものである。最後まで見届けたい。

現状でも種牡馬にできないことはない。

 障害と平地のどちらを最大目標に据えるのか、和田師はこう話す。

「どちらに行くにしても意義がありますし、どちらもすごい挑戦をすることに変わりないと思います。障害では絶対王者と呼ばれていますが、中山グランドジャンプ4連覇は大変なチャレンジだと思っています」

 平地を走ることになっても、鞍上は石神になるという。

「和田先生から、2月6日に入厩させると聞いています。また強いオジュウチョウサンを見せてほしいですね。王者にふさわしい走りをさせたいです」

 そう話した石神は、ニホンピロバロンで昨年の中山大障害を制している。オジュウでの連覇と合わせて、騎手として史上初の3連覇を達成したのだ。こちらでも4連覇に挑む可能性もある。

 前述した種牡馬としての将来に関して、和田師はこう言う。

「現状でも種牡馬にできないことはないと思います。平地に復帰する前から、『種馬にするなら付けたい』と生産者グループから言われていたんです。それでもやはり、種牡馬としては、平地重賞の勲章があったほうがいいのは間違いないですね」

 絶対王者になっても、オジュウチョウサンは挑戦をつづける。今年も、この馬だけが見せてくれる特別な夢で、私たちをワクワクドキドキさせてくれそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
オジュウチョウサン
石神深一
和田正一郎

競馬の前後の記事

ページトップ