SCORE CARDBACK NUMBER

移籍市場はパズルと同じ。
2人の若手の移籍金に注目!
~ハーパーとマチャドが周囲の命運を左右する~

posted2018/12/06 15:00

 
移籍市場はパズルと同じ。2人の若手の移籍金に注目!~ハーパーとマチャドが周囲の命運を左右する~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ハーパーは16歳で『スポーツ・イラストレイテッド』の表紙を飾り、「野球界のレブロン・ジェームズ」と称された。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 ジグソーパズルに挑む場合、誰もがまずは大きなピースから着手するに違いない。メジャーのストーブリーグも、そんな感覚に近い。まず大きなピースの落ち着き先を探し、その後、細かいピースを当てはめる。今オフの場合、ブライス・ハーパー(ナショナルズからFA)、マニー・マチャド(ドジャースからFA)の2人の動向を抜きに、おそらく市場全体の動きは語れない。

 ともに、'12年にデビューした26歳。同年、新人王を獲得したハーパーは'15年にはMVPに輝くなど、7年間で通算184本塁打、521打点と、メジャー屈指のスラッガーに成長した。一方のマチャドは、通算175本塁打、513打点。さらにゴールドグラブ賞を2回獲得するなど、三塁、遊撃での守備力にも定評があるだけに、甲乙付けがたい大物として、特Aランクに挙げられている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ブライス・ハーパー
マニー・マチャド

MLBの前後のコラム

ページトップ