SCORE CARDBACK NUMBER

森保監督の「超・律儀」が築く、
代表とクラブの積極的新関係。
~代表でのケガを謝りにいく!?~

posted2018/10/11 15:00

 
森保監督の「超・律儀」が築く、代表とクラブの積極的新関係。~代表でのケガを謝りにいく!?~<Number Web> photograph by Getty Images

代表指揮官として初陣だったコスタリカ戦に3-0と快勝した森保監督は、選手を送ったクラブへ誠意を示した。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 どこまでも律儀な人である。

 日本代表の森保一監督は初陣となった9月11日コスタリカ戦(大阪・吹田)の翌朝、セレッソ大阪と松本山雅に向かった。A代表の合宿中、およびU-21代表で参加したアジア大会中にケガをした選手について、自分の口から直接説明するためである。

 確かにクラブからすれば大きな痛手。松本の前田大然の場合、全治5~6週間という診断で1カ月以上の離脱を強いられることになった。試合中のケガであったが、クラブ側が複雑な感情を抱いても不思議ではない。

 代表監督のお詫び行脚などこれまで聞いたことがない。だが実直なポイチさんの性格を考えれば頷ける話。上から目線ではなく、あくまで“クラブの協力の上に代表は成り立っている”というスタンスが彼を走らせた。クラブ側も直に(それも迅速に)謝罪を受けたら悪い気はしないだろうし、複雑な気持ちもやわらぐというもの。森保が広島の自宅に戻ったのは夜8時過ぎだったそうだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ