メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

昨季逃した世界一になるために。
セットアッパー前田健太の心意気。 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/10/12 17:00

昨季逃した世界一になるために。セットアッパー前田健太の心意気。<Number Web> photograph by Getty Images

セットアッパーを任される前田健太。ブルワーズとの優勝決定シリーズは日本時間13日から始まる。

“あと1勝”の悔しさから1年。

 もちろん、前田には先発投手としてのプライドがあったが、「チームの勝利のため、世界一のため」と、8月中旬に気持ちを入れ替え、配置転換を受け入れた。

 ドジャースは昨年のワールドシリーズで3勝4敗でアストロズに敗れた。チームにとって“あと1勝”で届かなかった世界一は30年ぶりの悲願である。チームのために己のプライドをしまい込み、事情を受け入れた前田健太の心意気。選手の気持ちは選手が一番よくわかる。

 ブルワーズとのリーグ優勝決定シリーズではブルペンのキーマンとして出番は増えるだろう。チームにとっての悲願は前田にとっても同様。目指すは“あと8勝”だ。

「ここからの1勝って言うのは凄く重みのある1勝。大変な1勝。一個一個積み重ねていけるように頑張りたい」

“世界一になるためのセットアッパー”

 マエケンが腕を振る。

関連記事

BACK 1 2 3
前田健太
ロサンゼルス・ドジャース
クレイトン・カーショウ

MLBの前後の記事

ページトップ