今日も世界は走っているBACK NUMBER

大迫傑が出した日本記録は予兆だ。
金哲彦が予言するマラソンの新時代。 

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/10/13 11:30

大迫傑が出した日本記録は予兆だ。金哲彦が予言するマラソンの新時代。<Number Web> photograph by AFLO

シカゴマラソンで、2時間05分50秒の日本新記録をマークした大迫傑。

後半のハーフの方が早かった。

 マラソンで好記録を出す条件のひとつが、後半のハーフの方が早い「ネガティブスプリット」である。

 シカゴで大迫は前半より18秒早く後半のハーフを走りきっている。ちなみに、設楽の日本記録は前半のほうが早い。

設楽悠太 2時間06分11秒
前半ハーフ 1時間02分43秒
後半ハーフ 1時間03分28秒

大迫傑 2時間05分50秒
前半ハーフ 1時間03分4秒
後半ハーフ 1時間02分46秒

 2年後の東京オリンピックを目前に控え、立て続けに更新されたマラソンの日本記録。

 東京マラソンで魅せた設楽の快走が起爆剤になったことは間違いない。その起爆剤を糧に大迫は爆発を起こした。

 この化学反応はこれで終わりではない。さらに大きな爆発が起こる予兆なのである。

関連記事

BACK 1 2 3
大迫傑
モー・ファラー
設楽悠太
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ