大相撲PRESSBACK NUMBER

稀勢の里の相撲と雰囲気が変わった。
超人と凡人が同居する横綱から今は。 

text by

西尾克洋

西尾克洋Katsuhiro Nishio

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/15 07:30

稀勢の里の相撲と雰囲気が変わった。超人と凡人が同居する横綱から今は。<Number Web> photograph by Kyodo News

稀勢の里が9月場所で15日を完走し、二けたの勝ち星をあげることをどれだけの人が信じきれていただろうか。

右を抱えて左を差す、という形。

 そして、その回答が明らかになった。

 展開の中で、右を抱えて左を差す。

 昔からある形ではあった。だが、この形が2018年の稀勢の里を大いに助けることになるとは全く思わなかった。この形に持ち込むまでに、非常に危険なプロセスを経ることになるからだ。

 稀勢の里がその形を出すには、まず攻めを受けねばならない。稀勢の里は相手を捕まえる必要があるのだが、攻めて優位を作るのが難しいので、後退しながら相手の隙を狙うことになる。

 土俵勘に不安がある稀勢の里にとって、後退はそのまま土俵を割りかねないリスクがある。序盤で負けが込めば、土俵人生は終焉を迎える。そして序盤の相手に前傾で攻める力士が多く、そのまま押し切られる可能性も高いと感じていた。

超人性と凡人性を併せ持つ。

 そういう状況で、稀勢の里はリスクの中に活路を見出した。

 思えば稀勢の里という力士がここまで支持を受けてきたのは、彼の中に超人と凡人が同居しているからだと思っている。白鵬を相手に四つで五分に渡り合い、日馬富士を左のおっつけ一発で吹き飛ばす。白鵬の連勝を止めたのも、稀勢の里だった。

 だが一方で、横綱相手に連勝した後で栃煌山や碧山にあっけなく敗れるのも稀勢の里だった。白鵬との全勝対決で全力を尽くした後で、琴奨菊に敗れたこともあった。

 同格や格下の力士を相手にした時にまばたきが増え、立ち合いで出し抜かれるのも、態勢ができていないのに無理に攻めて土俵際で逆転されるのも、稀勢の里の一部だった。

 記録を塗り替え続ける白鵬の超人性は多くの人を惹きつけるが、稀勢の里はその白鵬を倒す超人性と、1億2千万人の誰もが持つ凡人性を併せ持つからこそ目が離せなかった。

【次ページ】 超人的な逆転を繰り返した9月場所。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ