SCORE CARDBACK NUMBER

一時代を築いた輪島死す。平成に逝った
11人の横綱。~「横綱は強い順に亡くなるね」
と北の富士は嘆いた~

posted2018/11/05 00:00

 
一時代を築いた輪島死す。平成に逝った11人の横綱。~「横綱は強い順に亡くなるね」と北の富士は嘆いた~<Number Web> photograph by KYODO

1979年初場所で土俵入りする輪島。「輪湖時代」を築いた北の湖との通算対戦成績は23勝21敗。'81年現役引退。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 第54代横綱の輪島博(四股名は輪島大士)氏が10月8日、70歳で亡くなった。第65代横綱・貴乃花の、突然の日本相撲協会退職が話題となったさなかのことでもある。

 1400年に及ぶ大相撲の長い歴史で、歴代横綱の数は初代から現役横綱の稀勢の里まで含め、日本の総理大臣より少ない72人だ。平成25年に天に召された昭和の大横綱・大鵬、27年には北の湖が、28年には千代の富士が天上の人となっている。NHK相撲解説者の第52代横綱・北の富士勝昭氏は、「横綱は強い順に亡くなるね……」と嘆いていたものだった。

 平成の終わりもカウントダウンとなった今、この30年の間に亡くなった元横綱の没年齢を調べてみた。41代千代の山以前の横綱は、昭和の時代までにこの世を去っている(43代吉葉山、46代朝潮、現役中に急逝した51代玉の海も含む)。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

輪島大士

相撲の前後のコラム

ページトップ