オリンピックへの道BACK NUMBER

アジア大会メダル量産の一方で
卓球代表に一線級不在の理由とは? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/08/26 11:00

アジア大会メダル量産の一方で卓球代表に一線級不在の理由とは?<Number Web> photograph by Getty Images

アジア大会には出場しない伊藤美誠。東京五輪を見据え、チェコオープンでの優勝を目指す。

選手たちの意向を尊重した結果。

 そうした現状と、オリンピックをにらんでの選手たちの意向を尊重した結果が、今回のアジア大会における卓球のメンバー構成となっている。

 冒頭の伊藤の言葉通り、2020年の東京五輪代表を目指し、切磋琢磨しながら激しい争いをこれまでも続けてきた。それはさらに加速していこうとしている。

 男女の誰もが悲願とするのは打倒中国。でもそれを果たすためには、まず国内のライバルに勝って戦いの場に立たなければならない。

 国内外を転戦しつつ、1大会1大会、どれも気を抜けない過酷な競争の中、目標へと進んでいく。

関連記事

BACK 1 2 3
伊藤美誠
水谷隼
張本智和
丹羽孝希
吉村真晴
石川佳純
平野美宇
早田ひな

卓球の前後の記事

ページトップ