ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

カイリ・セイン、ASUKAに全米熱狂。
WWEの女子プロ革命と日本人。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by2018 WWE, Inc.

posted2018/08/04 11:00

カイリ・セイン、ASUKAに全米熱狂。WWEの女子プロ革命と日本人。<Number Web> photograph by 2018 WWE, Inc.

デビュー当初から海賊のコスチュームをまとって戦うカイリ・セイン。WWEでも女子プロの未開のエリアを切り開いていく。

今年に入っても次々とWWEに日本人が。

 そして今年、“天空の逸女”紫雷イオがついにWWE入り。8月から行われる女子32人参加トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」第2回大会への出場が正式決定。

 さらに同大会には“女子プロレス界の横綱”里村明衣子、“レディーゴジラ”松本浩代の参戦も決定した。

 里村は先日インタビューした際、WWEからのオファーについて「やっとWWEも“本格的なところ”に目を向けてくれたか」と、自信溢れるコメントを残してくれた。

 そして「メイ・ヤング・クラシック」決勝戦の舞台こそが、10月28日に行われる女子スーパースターのみによる初のPPV大会「エボリューション」だ。

 この大会には、ASUKAやカイリ・セインももちろん、主要カードで出場することだろう。

 いま、日本の女子レスラーたちが、世界中に女子プロレスというジャンルの素晴らしさをアピールしようとしているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ブル中野
豊田真奈美
里村明衣子
松本浩代
カイリ・セイン
ASUKA
WWE

プロレスの前後の記事

ページトップ