欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

堂安律、その野望を大いに語る。
「ムバッペを引きずり下ろしたい」 

text by

生島洋介(Number編集部)

生島洋介(Number編集部)Yosuke Ikushima

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2018/07/22 11:30

堂安律、その野望を大いに語る。「ムバッペを引きずり下ろしたい」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

インタビュー中、朗らかな表情を見せる堂安律。その眼力は日本サッカーの主役を奪う意欲に満ちている。

フローニンゲン移籍の決め手って?

――そもそもフローニンゲンへの移籍の経緯を振り返ると、とても戦略的でしたね。

「シーズンが終わって、よくそこを評価してもらいます。移籍するときは、なんやそのチームはっていう人もいましたけど、いま振り返ると、一番のチョイスやったなと思います。確かに、あの時期はワールドユース(U-20W杯)の終わり頃やったんで、行こうと思えばいくつか話はあったんです」

――アヤックスとかPSVが接触したという報道もありました。

「まだ正式なオファーではなかったですけど。他にもドイツのクラブがいくつか興味を持ってくれていたなかで、自分の実力を冷静に考えました。おれができるかできんか考えて選択したんです」

――誰かに相談したりいいアドバイスがあったのですか?

「いや、特になかったですよ。ただ自分の実力はわかっていました。これは諦めてるんじゃなくて、いまの自分ができるかできひんか、ただそれだけを考えたら、ドイツじゃなくてオランダだなと。オランダのなかでも下位じゃなくて上位でもなくて、中位ぐらいのチームに行くべきだなと思いました」

――自分ができるかできないか、というのは、出場時間を確保できるかという意味?

「単純にどこに行けばサッカーがうまくなれるか、ですね。もし僕がドイツに行ってうまくなるならドイツに行っていました。でも試合に出られなかったらうまくなれない。条件としては、出場時間とクラブの熱量かな」

――フローニンゲンは、堂安選手のどういう点を評価していた?

「やっぱり得点力ですね」

――U-20W杯でもインパクトありましたからね。

「ただ、フローニンゲンだけはその前なんですよ。僕はイタリア戦で2点取ったじゃないですか。あれの前のウルグアイ戦後にオファーを出すと言ってくれていました。イタリア戦の後いくつかのクラブからばあーっと話が来たけど、フローニンゲンだけはその前。1年半ぐらい堂安を追っているからもう間違いないと言ってくれて。で、イタリア戦が終わってから、ほらなって、ドヤ顔で言ってきたらしいんですけど(笑)」

――ゴールを決めた瞬間に本当に連絡がどっと来る?

「興味があるから継続的に追いかけたい、だから連絡を取り合おうぜと。もともと僕も、自分の夢を掴むために、人生を変えるつもりであの大会に臨んでいましたから」

――どうやってステップアップしていくか、ここまで戦略どおり?

「いやいや、もっともっとしないといけない。一番はもっとガンバで試合に出て、タイトルも取ってから行きたかった。やっぱり7、8年間も育ててもらったクラブですから。それが果たせなかったのがプロになってから一番の悔いですね」

【次ページ】 ムバッペ、イ・スンウは意識する。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堂安律
キリアン・ムバッペ
フローニンゲン
イ・スンウ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ