SCORE CARDBACK NUMBER

日米ゴルフ交流に思う、プレーヤーのあり方。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2004/10/07 00:00

 青木功、樋口久子、そして岡本綾子の三人が日米交流150周年記念外務大臣表彰を受けた。

 樋口久子が米女子ツアーに初めて参戦したのは、確か'70年だったと思う。当時は、日本女子プロトーナメントは年間3試合ぐらいしかなく「試合に出て腕を磨きたい。そのためにはアメリカのツアーに行くしかない」というのが理由だった。

 僕が初めて米ツアーを取材したのは、'73年全米オープンで、その頃は、1ドル360円から、ようやく変動制に変わって300円前後だったと記憶している。そのとき樋口が出場していたパームスプリングスの大会を取材して、彼女の借りていた家で手料理をご馳走になった。樋口はその後、'77年全米女子プロ選手権に優勝した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ゴルフの前後のコラム

ページトップ