ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

ワグネリアン&福永が制したダービー。
悲願達成の裏にあった人と馬との物語。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2018/05/30 07:30

ワグネリアン&福永が制したダービー。悲願達成の裏にあった人と馬との物語。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

福永祐一をダービージョッキーに導いたワグネリアン。人馬一体となったドラマこそ、人の胸を熱くする。

「喜びともまた違う気持ち」

 '12年にはワールドエースで1番人気に推され、翌'13年にはエピファネイアでゴール前抜け出し、'15年にはリアルスティールで2番人気の支持を得るなど、近年では毎年のようにチャンスが巡ってきた。

 しかし、残念ながらその度に苦杯をなめた。勝機をモノにすることは、ただの1度もなかった。その数、実に18度。「『一生勝てないのでは?』と思うこともあった」と言うのも頷ける。

 しかし、競馬の神様は彼の努力と真摯な態度を見ていてくれた。

「ダービーは特別と聞いていたけど、何だろう? 本当に違いました。喜びともまた違う気持ち。言葉に表せない……。何だろう……」

 こう言って唇を結んだ福永。18回の敗戦が言葉に表せない感情を生んだのかもしれない。新たなるダービー馬とダービージョッキーの今後にも期待しよう。

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福永祐一
ワグネリアン
福永洋一

競馬の前後のコラム

ページトップ