JリーグPRESSBACK NUMBER

ディエゴ・オリヴェイラのお尻の話。
FC東京でゴール量産+“優良銀行”。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/22 11:00

ディエゴ・オリヴェイラのお尻の話。FC東京でゴール量産+“優良銀行”。<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジルと言えば技術、そしてお尻。ディエゴの力強いプレーも、体の中心が強ければこそだ。

ディエゴは超優良な“銀行”?

 ちなみにポストプレーを「ボールを預ける」という日本の表現は、イタリアでも同じようだ。表現力が豊かなイタリア人は、ボールを預けられる選手を“銀行”と見なすらしい。

 預けたボールを失う選手は、銀行失格。

 預けたボールが元に戻ってくる選手は、元金は保証されても利子がほとんどつかないということ。

 預けたボールをしっかり収め、そこからチャンスを作ってくれる、もしくはゴールまで決めてしまう選手は、利子をどっさりつけてくれる銀行として重宝される。

 そう、東京にとってディエゴは、つまりは大きな利子を約束してくれるありがたい銀行なのだ。

あのプレーの数々は無意識だった。

 東京を躍進させる“ディエゴ銀行”、その秘密は大きなお尻にあると考えた私は、練習を終えたディエゴを直撃した。

――あなたの特徴的なお尻について訊きに来ました。

「え? 特別なことは何もないよ。少年時代、ぼくは身体が細くて、筋肉もあまりなかったんだ。練習を積むにつれて全体的に筋肉の量が増えたけれど、お尻を特別にトレーニングしたことはないんだよ」

――でも、あなたの力強いプレーは強靭なお尻から生まれているのでは?

「敵のセンターバックと競り合うときは、予測して構えるんだ。お尻を使うときもあるけど、手を使うこともある。ケースバイケースなんだよね」

 残念ながら、私の見立てはディエゴのツボに入らなかった。

 お尻を使ったプレーは無意識の産物。だれかに教わったのではなく、幼いころから遊びの中で自然と身につけたものなのだろう。いちいち言葉で説明するようなものではないのだ。

 好調東京の真ん中で、ディエゴのブンブンが躍動している。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ディエゴ・オリヴェイラ
FC東京

Jリーグの前後のコラム

ページトップ