野ボール横丁BACK NUMBER

「花巻東の小兵」は今年も仕事人。
159cm八幡尚稀がもぎとった四球。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/31 17:20

「花巻東の小兵」は今年も仕事人。159cm八幡尚稀がもぎとった四球。<Number Web> photograph by Kyodo News

10回に訪れたワンチャンスを一気に得点に結びつけた花巻東。その陰には、監督が信頼したスペシャリストの力があった。

主役ではなくとも、印象は強烈だった。

 佐々木の口癖は、「短所は努力で長所になる」だった。

「個性を大事にしろといっています。球が遅かったら、そのぶん変化球の精度を磨けばいい。みんなが同じところを目指す必要はない」

 入学後、八幡はバントとヒットエンドランの練習を繰り返し、存在感をアピールした。
佐藤、千葉の両先輩と八幡の共通点は、体型やプレースタイルだけではない。「どんなカウントになっても対応できるんで」と語ったときの八幡の強い眼差しも、2人の先輩とそっくりだった。

 八幡は小さな体で、小さく構え、増居を幻惑した。増居は「(左の小さな打者を)基本的に苦手にしているのはあります……」と振り返った。

 結局、増居は佐々木の目論見通り制球を乱し、3ボール1ストライクから八幡に四球を与え、ノーアウト一、二塁と傷口を広げてしまった。

 その後花巻東はノーアウト満塁とし、最後は犠牲フライで1-0とサヨナラ勝ちした。

 八幡は主役ではなかったが、さっそうと登場し、狙い通り四球を選んだシーンは、どの場面よりも強く印象に残った。

関連記事

BACK 1 2
花巻東高校
八幡尚稀

高校野球の前後の記事

ページトップ