ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

日本にいれば勝てるとしても……。
池田勇太は米国挑戦を諦めない。

posted2018/03/31 07:00

 
日本にいれば勝てるとしても……。池田勇太は米国挑戦を諦めない。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

日本では勝てる、アメリカでは勝てない、というまさに世界との狭間で池田勇太はもがいている。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

Yoichi Katsuragawa

「自分を、殺したいです」

 これほど過激な反省の弁を聞くことはほとんどない。

 昨年8月、ノースカロライナ州で行われたメジャー最終戦・全米プロ選手権。松山英樹が優勝争いを演じていた裏で、池田勇太は体に充満する怒りを抑えて、そう吐き出した。

 去る2017年。池田は出場した4大メジャーすべてで予選落ちした。マスターズも、全米オープンも、カットラインに1打が届かなかった。

 合間を縫ってスポット参戦した米ツアーでも、最高成績はザ・プレーヤーズ選手権での22位。前年の「日本ツアー賞金王」という看板を引っ提げ、意気揚々と海を渡ってきた男にとっては、屈辱的な結果と言えた。

 もう這い上がれないと思えるほどドン底に叩き落されれば、気持ちはかえって開き直れたかもしれない。

日本では勝てる、海外では……。

 ただ、約半年間に及ぶ海外中心のスケジュールを終え、日本に帰国してからの特筆すべき戦いぶりが、事をすっきりと割り切れる運びにはさせなかった。国内ツアー“復帰初戦”となった8月末のKBCオーガスタから、秋にANAオープン、そして日本オープンと3勝をマーク。結局、賞金王争いにも顔を出してランキング4位で終えた。

 宮里優作、小平智の激しい賞金王レース、そして今年4月のマスターズ出場権の争いがクローズアップされたこともあり、昨年末の池田の周辺は静かだったが、松山英樹に次ぐ世界ランクで早々に2年連続のオーガスタ行きを決めたのは、彼に他ならなかった。

 海外での惨憺たる成績、日本国内での輝き。コントラストが鮮明な現実はかえって、池田の心情を逆なでするものかもしれない。

「日本で好成績を出して、世界ランクを上げることは簡単なこと。海外でプレーしてランキングを上げることを突き詰めないといけない。『日本に帰って、またランキング上げてこっちに来ました』の繰り返し……それじゃ意味がないんです」

【次ページ】 ゴルフ界の若大将であり、泣き虫。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池田勇太
松山英樹
宮里藍
尾崎将司

ゴルフの前後のコラム

ページトップ