野ボール横丁BACK NUMBER

「全員野球」が本当に理想なのか。
英明・香川監督が貫く「9人野球」。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/23 17:40

「全員野球」が本当に理想なのか。英明・香川監督が貫く「9人野球」。<Number Web> photograph by Kyodo News

「9人野球」という英明の珍しいスタイルは、あくまでも勝利のためなのだ。

チャンスは与える、しかし力の差も事実。

 言葉を飾ることを知らないというか、ホンネの人なのだろう。香川の名誉のために書き加えるが、控え選手がノーチャンスなわけでは決してない。天満の証言だ。

「けっこうチャンスはくれるんです。守ってるときに声を出したりしてると、一緒に打たせてくれたり。ただ、どうしても力の差があるので……。レギュラーは自分のできないプレーができる」

 ここまでがっちり固定されていると、レギュラーたちは、自分がやらなければ誰がやるのだと意気に感じて好結果を生みそうだが、この日は逆だった。肝心なところで走塁ミスが出るなどし、たびたび得点機を逸した。香川は試合後、ご立腹だった。

「安心し切って、ゆるみまくってる」

 この春、甲子園に出場した効果もあり、24人もの新入生が入ってくる予定だという。香川はこう期待を寄せる。

「いい1年生がいっぱいいますからね。夏までに、今のレギュラーのうち2、3人は、1年生になってると思います。これは彼らを発奮させようとか、そういうつもりで言ってるわけではないんです。本当にそうなると思いますよ」

 レギュラー陣にとって、これから初めての競争が始まる。

関連記事

BACK 1 2
英明高校
香川智彦

高校野球の前後の記事

ページトップ