野球クロスロードBACK NUMBER

楽天・島内宏明を本気にさせたもの。
減った年俸と稼頭央・銀次の言葉。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/25 07:00

楽天・島内宏明を本気にさせたもの。減った年俸と稼頭央・銀次の言葉。<Number Web> photograph by Kyodo News

ドラフト6位で2012年に楽天入団。昨季は全143試合に出場し、打率.265、本塁打14、打点47の成績を残した。

背中を押した松井稼頭央の一言。

 1年間、戦える体を養うために、ウェートトレーニングのほか、プロテインも効率よく摂取するようになった。減俸というわかりやすい危機感が、島内を本気にさせたわけだ。

 自らの甘さを改めた島内の、野球人生が変わろうとしていた。

 '16年はシーズン中盤からレギュラーに定着し9本塁打、打率2割8分7厘と過去最高の成績を残した。昨年は開幕スタメンの座を勝ち取ると、全試合出場と最後まで走り続けた。島内にとって初めての経験である。

 夏場は体重が落ち、筋力も低下した。だが歴戦の猛者である松井稼頭央から、「試合に出続けなければわからないこともある」と背中を押され、過酷な日々から目を背けず、気持ちを繋ぎとめることができたという。

 自身初の2桁となる14本塁打。島内は中心選手として、仕事を全うしたのである。

 昨年の教訓と実績が、元来控えめな島内を貪欲にさせたのは事実だ。松井から学んだ「出続けなければわからないこと」。その答えを自ら見いだし、前述したようなオフのトレーニングで補完しようと努めたわけだ。

「だって僕、まだまだ野球、下手くそですから」

 今季の年俸は5500万円。本気になったことで給料が上がった。下世話かもしれないが、プロ野球選手にとって給料とは重要なステータスである。島内と自主トレを共にする先輩の銀次は、「一流の証は、やっぱり1億円以上をもらっていることだと思います」と言っていたし、実際昨年はゴールデングラブ賞とベストナインのダブル受賞。初の1億円プレーヤーとなり、一流を証明してみせた。

 それを島内に伝えると「銀次さん、そんなことを言っていたんですか。有言実行じゃないですか」と目を丸くし、言葉をつなげる。

「本当は僕、お金とかも貪欲に稼ごうって気持ちがないんですよ。でも、この世界で成功している人って、野球が本気で好きだったり、お金に貪欲だったりするじゃないですか。だから僕も、もっとそういうところで貪欲にならないとダメだなって。そういうモチベーションがないと結果も出せませんからね」

 貪欲にプレーし、今以上のステータスを手にする。そう誓う島内に、キャンプ中、「今年はヤバいんじゃない。タイトルとか狙えそうだね」と期待を投げかけてみた。

 その答えは、想定の範囲内だった。

「いやいや。だって僕、まだまだ野球、下手くそですから」

 やっぱり、島内は島内だった。

関連記事

BACK 1 2 3
島内宏明
松井稼頭央
銀次
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ