ラグビーPRESSBACK NUMBER

「サンウルブズ、今は我慢の時」
元ジャパン大西将太郎からのエール。 

text by

大西将太郎

大西将太郎Shotaro Oonishi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/13 11:00

「サンウルブズ、今は我慢の時」元ジャパン大西将太郎からのエール。<Number Web> photograph by Getty Images

50失点と現状での差を見せつけられたサンウルブズ。ここからの巻き返しに期待したい。

ネバーギブアップの心意気で向上を。

 大敗した中でも希望を持てたのは、庭井祐輔のプレーだった。昨季最終節のブルーズ戦(2017年7月15日)で左膝脱臼骨折という大ケガを負い、その復帰戦となったシャークス戦。常に身体を張り続け、大柄なシャークスFWにも組み負けず、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。堀江翔太、ジャバ・ブレグバゼとフッカーの負傷離脱が重なっているだけに、サンウルブズ首脳陣も胸を撫で下ろしたことだろう。

「5位以内」という壮大な目標を掲げ、蓋を開けてみれば開幕3連敗。その事実は重い。しかし前節レベルズ戦で破綻していたラインアウトがシャークス戦で改善されたように、サンウルブズは、ひとつずつ、一歩ずつ向上していくしかない。

 ネバーギブアップ――。キャプテンのヴィリー・ブリッツが試合直後に胸を張って言い切ったこの言葉こそ、スタッフも含めたサンウルブズのチーム全員が胸に刻むべき心意気だろう。

 この週末は2季連続ファイナリストであるライオンズとの一戦と、その次週は秩父宮に戻り、過去2度の優勝を誇るチーフスとの対戦が控える。

 難局に挑み続けるサンウルブズ。今は、我慢の時だ。

(構成:朴鐘泰)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サンウルブズ
大西将太郎

ラグビーの前後のコラム

ページトップ