プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

タッグ世界一への挑戦が始まった。
飯伏幸太とケニー・オメガの野望。

posted2018/02/26 17:00

 
タッグ世界一への挑戦が始まった。飯伏幸太とケニー・オメガの野望。<Number Web> photograph by Essei Hara

どのような団体、どのよな国で戦おうが、飯伏とオメガの友情は変わらない。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

「ゴールデン☆ラヴァーズ」そう呼ばれたタッグチームが3年4カ月ぶりに復活した。

 2月24日、後楽園ホール。

 アメリカのROHと新日本プロレスの合同興行のメインイベントで、飯伏幸太とケニー・オメガはついにタッグを再結成、Codyとマーティー・スカル組と対戦して勝利した。

 ゴールデン☆ラヴァーズは互いをたたえて復活を確認するようにオメガから口を開いた。

「飯伏、これがオレたちの望んでいたスタートだよね。ゴールデン☆ラヴァーズ、ミスはあったけど勝てた。飯伏さん、ありがとう」

「僕とケニーのゴールデン☆ラヴァーズが、世界最高だというのを見せたい。証明したい。(出来は)まだまだ、試し運転というか。これから、もっともっと良くなると思います」と飯伏も実感を語った。

「ベルト」と「世界を変える」、2つの未来。

「3年半ぶりとは思えない感覚です。それはケニーが上手いっていうのもあるし、自分が別のところで成長してきたっていうのもある。今夜は全然、違和感なくできたんじゃないかな。

(この先)いろいろタイトルマッチとかもあるだろうし、最終的にはIWGPヘビーのタッグのベルトを取りたい。それまでにも、各自なにか取るものがあると思うので、それを達成しつつ、タッグのベルトも取りたい」

 ケニーはちょっと違う。

「正直、ベルトとか関係なく、2人で本当の世界のベストを証明して見せたい。ベルトを持つか、持たないかは関係ないです。世界を変えてみせますよ。

 新しい連携技とか、今日出しましたから、それは楽しかった。もちろん、100パーセント完璧ではなかったけど、これからです。(2人で)練習してないのにできたしね」

【次ページ】 「すごく今の状態を自然に感じる」

1 2 3 NEXT
飯伏幸太
ケニー・オメガ
Cody
マーティー・スカル
マット・ジャクソン
ニック・ジャクソン
新日本プロレス
DDT
ROH

プロレスの前後のコラム

ページトップ