オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦、連覇と止まらぬ涙の真実。
「良くない右足に、感謝しかない」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto/JMPA

posted2018/02/17 19:20

羽生結弦、連覇と止まらぬ涙の真実。「良くない右足に、感謝しかない」<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto/JMPA

1948年サンモリッツ、'52年オスロを連覇したディック・バトン(米国)以来66年ぶりの連覇。歴史的偉業を達成した羽生。

怪我してよかったとは絶対に……。

 ただ、こうも付け加える。

「怪我してよかった、とは絶対に思いません」

 4年をかけて目指してきたオリンピックシーズン、しかも羽生の知性であれば、明確なビジョンを描いて進んできたはずだ。なのに、大きなアクシデントによって、それを崩さざるを得なかった。

 怪我がなければ……たいていの人なら、そういう「たられば」に陥っても不思議ではない。

 また「怪我してよかったと思わない」という言葉にも、直面した事態の大きさがうかがえる。

 それでもやれることを尽くし、めげることもなく、過剰に緊張することもなく、威風堂々、リンクに立ち続けた。その芯の強さこそ、金メダルを手にすることができた真の要因だった。

 そんな羽生は、最終滑走の宇野昌磨の得点が表示された瞬間、涙を流した。流した涙は、止まることがなかった。

 心の奥底には、不安や緊張がなかったわけではないだろう。ただ、それを表出させることなくコントロール下に置くことで、ショート、フリーと見事な演技を見せた。

 終わった瞬間、そのコントロールをほどいた。流れ続ける涙は、そう感じさせた。

 そしてそれは、自分と戦い、自分に勝利したことを意味してもいたのだ。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ