オリンピックへの道BACK NUMBER

渡部暁斗が欲しいのは金メダルだけ。
「2という順位、数字は見飽きた」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/02/04 11:00

渡部暁斗が欲しいのは金メダルだけ。「2という順位、数字は見飽きた」<Number Web> photograph by AFLO

五輪を前にした大会で3連勝。日本人選手団の中で渡部は抜群の上昇ムードだ。

「日本史上初の個人での金メダルを達成したい」

 一方のクロスカントリーについてはこう語る。

「もう少しスキーを滑らせることはできると思っています」

 まだ伸ばせる余地があると感じている。

 ノルディック・コンバインドは上位を争う選手の力が接近している。その中で容易に勝てるわけではない。それでも、視野にあるのは1つだけだ。

「勝っておかしくない状況でオリンピックを迎えられます。日本史上初の個人での金メダルを達成したいです」

 かつて、荻原健司を筆頭に、世界を席巻したノルディック・コンバインド。ソチ五輪で日本に20年ぶりのメダルをもたらした渡部は、金メダルだけを目指し、平昌五輪開幕を迎える。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡部暁斗
荻原健司
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ