バレーボールPRESSBACK NUMBER

10年以上止まっていた改革が再始動。
プロ・企業共存のバレー新リーグ! 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/01/26 08:00

10年以上止まっていた改革が再始動。プロ・企業共存のバレー新リーグ!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新リーグの名称と新ロゴマークの発表記者会見には清水邦広ら選手たちも出席した。

10年以上進まなかった改革が動き出した!

 プロ契約選手としてプレーするパナソニックパンサーズの清水邦広は言う。

「僕は自分がプロ契約をしたことを後悔していません。ただ、同じチームのクビアク(ミハウ・ヤロスワフ)も言っていたのですが、企業採用の中でこうしてトップリーグでバレーボールができて、選手生命を終えたら企業に戻れる企業スポーツは海外にはあまりないシステムです。

 そのいいところと、プロのいいところを合わせて、どちらにとってもプラスになるリーグができればいいと僕は思っています。いろいろな意見があるとは思いますが、デメリットよりも、まずはメリットに目を向けていきたい」

 もちろん、まだ多くの課題は残されている。しかし特筆すべきは2003-2004シーズンに初めてホームゲーム方式が採用されて以来、10年以上、全く進まなかった改革がようやく具体的に動き出したという点だ。

 プロにとっても企業にとっても、ともに発展できるリーグの実現は可能なのだろうか。引き続き動向を注視したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗山雅史
嶋岡健治

バレーボールの前後のコラム

ページトップ