野球クロスロードBACK NUMBER

松田宣浩がこだわる“熱男”の愛称。
WBCのモヤモヤから優勝までの苦闘。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/12/22 11:00

松田宣浩がこだわる“熱男”の愛称。WBCのモヤモヤから優勝までの苦闘。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

ベテランの域に差し掛かりながらも、「全試合フルイニング出場」の目標は変わらない……。

長嶋茂雄の「ミスター」のように長く愛される愛称に。

 今年、改めて熱い気持ちこそ自分にとっての活力であり、推進力となっていると実感した。

 長嶋茂雄が「ミスター」として、鈴木一朗が「イチロー」としてプロ野球選手のアイデンティティを誇示したように、松田も心に根ざした「熱男」を、より分厚くしていく。

 来年もソフトバンクのスローガンは新装される。

 今年、少しだけ「1ダホー!」を取り入れたように、もしかしたら松田のパフォーマンスも変更されるのだろうか? 契約更改の場でそんな質問を受け、「スローガンが決まったら考えます」と答えたと聞き、不安になった。だが、それも杞憂だったと気づく。

 松田熱男はニヤリと笑い、言った。

「そんなこと、わかってるじゃないですか、言わんでも(笑)」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松田宣浩
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ