オリンピックへの道BACK NUMBER

女子52kg級に名乗りをあげた阿部詩。
一二三との兄妹東京五輪は射程圏内。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/12/16 07:00

女子52kg級に名乗りをあげた阿部詩。一二三との兄妹東京五輪は射程圏内。<Number Web> photograph by Kyodo News

世界ランキングを駆け上がっている阿部詩。兄の一二三に続いて5歳で柔道を始めた少女は、東京五輪を視野におさめている。

指導する松本監督も、阿部の進化に驚く。

 直接対決となったのは準々決勝。世界チャンピオンを相手に、阿部は地力の高さを示した。相手の技の仕掛けに慌てることなく対処し、危なげない試合運びを見せる。そして志々目の内股に動ぜず、隅落としで技ありを奪って勝利。決勝では立川莉奈を相手に、試合開始46秒、内巻込みで一本勝ちをおさめた。

 優勝という結果もさることながら、大会を通じて見せたのは、兄同様、担ぎ技を武器とする豪快な柔道だ。

「自分の柔道は一本を獲りに行く柔道です。担ぎ技にこだわっているつもりはあまりないですが、みんなが『わーっ』となってくれる勝ち方は担いで投げることかなと思っているので、そこはこだわっています」

 加えて志々目との一戦が象徴するように、試合運びの安定感は、この1年での成長を物語る。松本監督も言う。

「安心して試合を見ることができます。それがすべて。見ていて負ける気がしない」

「志々目さんを投げるとか、世界にもいないと思います」

 そしてこう続ける。

「教える立場の私にとっても、彼女がライバルです。ものすごい進化で強くなっている。それ以上のものを与えていかないといけませんから、私にとっては彼女がライバルなんです」

「17歳の女の子なので、メンタルが」

 あえて課題をあげるとすれば、精神面だと言う。

「17歳の女の子なので、どこかでメンタルがくるったら、がたっと来るときはあるかもしれません。メンタルをどう持っていくかだけです」

 今後、注目は一層大きくなっていくだろう。その中で、自分を保っていけるかどうかが鍵を握る。

【次ページ】 東京五輪への距離を尋ねられ……。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阿部詩
阿部一二三
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ