プロ野球亭日乗BACK NUMBER

異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。
カギ握る両チーム捕手5人の運命は? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/09/22 08:00

異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。カギ握る両チーム捕手5人の運命は?<Number Web> photograph by Kyodo News

8月の阪神戦にて。試合の流れを変える同点2ランを放ち、ナインに迎えられる宇佐見。

3人の捕手をフルに使い切ることがDeNAのカギ。

 おそらく現状では主戦は嶺井になる可能性が高いが、それでもこの三者三様の特長を持つ捕手たちを相手チームや先発投手との相性、またそれぞれのバッティングの状態を見極めながら、最善起用していくのだろう。

 昨年のCSファーストステージでは「配球パターンを変えるため」にゲーム終盤で戸柱から嶺井にスイッチして延長の末に巨人を振り切った実績もある。

 ということは、全く逆のケースもラミレス監督の頭にはあるということだ。

「場合によっては1試合で3人を併用することも考えている」と語るように、この3捕手を使い切ることが、DeNAのCSサバイバルへのカギなのである。

 短期決戦は捕手の戦いと言われる。

 もはや残り10試合を切ったセ・リーグのCS出場権争いは、まさにその短期決戦なのだ。

 チームの要をどう使いこなしていくか。両監督の手腕で天国と地獄が決まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
小林誠司
戸柱恭孝
嶺井博希
高城俊人
読売ジャイアンツ
田口麗斗
畠世周
高橋由伸
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ