F1ピットストップBACK NUMBER

F1チームの急成長には日本人あり?
ドライバー不在もエンジニアが活躍。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byMasahiro Owari

posted2017/08/27 08:00

F1チームの急成長には日本人あり?ドライバー不在もエンジニアが活躍。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

神野が働くフォース・インディアは前半戦コンストラクターズ4位につける。

F1には今ドライバーはいないが、エンジニアはいる。

「短期的な目標は、数年以内にフォース・インディアの勝利に貢献すること。フォース・インディアはたくさんの優秀なエンジニアがいますし、優れた技術文化があるので、数年以内にレースに勝てると確信しています」と自信をのぞかせる神野だが、さらに高い目標も心に秘めている。

「長期的な目標は、いずれこのチームでテクニカルディレクターになること。テクニカルディレクターとしてドライバーとコンストラクターの両方のタイトル獲得を実現したい」

 2015年に日本人として初めてF1チームのチーフレースエンジニアに就いた小松礼雄。今年、その小松に続き、マクラーレンの今井弘が同職に昇格した。

 残念ながら今年、F1には日本人ドライバーはいない。だが、F1はドライバー同士の戦いであると同時に、各チームオリジナルでマシンを作って、それを走らせるエンジニアたちの戦いでもある。その戦いにいま、日本人エンジニアは欠かせない存在となっている。彼らの奮闘を、日本人として応援したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

神野研一

F1の前後のコラム

ページトップ