プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・外崎修汰は古き良きパの職人。
繋ぐ意識の延長線上に2ケタ本塁打。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/08/24 07:00

西武・外崎修汰は古き良きパの職人。繋ぐ意識の延長線上に2ケタ本塁打。<Number Web> photograph by Kyodo News

'15年にドラフト3位で入団。今季はシーズン中盤まで2割前後だった打率が2割5分まで上昇(8月20日現在)。初の2ケタ本塁打も記録した。

コーチも最初から全部うまくいくとは思っていない。

 ミスを責められないとはいえ、何もかもが許されているわけではない。そこにはしっかりとしたチームの基本方針がある。

 佐藤友亮外野守備走塁コーチは語る。

「走塁に関しては、準備ができているか、根拠があるか、そのプレーについて説明ができるかを追求します。“その上での失敗であれば納得するよ”ということを常に選手たちに話しています。たとえば盗塁なら、ピッチャーやキャッチャーの力量などの状況判断ができていれば失敗しても責めません。外崎も、まだまだ甘いところもあるけど、徐々にその判断ができている。けん制でのアウトなど、やってはいけないミスもありますけど、最初から全部がうまくいくとは思っていないので、失敗しても、それは経験として本人が糧にしてくれればいいと考えています」

10本を超えた本塁打も「すべてはつなぐ意識から」。

 辻監督が就任し「脚を生かして戦う」というチームの方針がしっかりと固まったことも、外崎が出場数を増やすきっかけとなった。

「やはり自分が目指すのは、つなぎ役です。ランナーが一塁にいたら右方向に打って、ヒットで一、三塁にしてチャンスを広げたい。その状況を作ることが、自分の理想。そういうイメージは頭にいつもありますね」(外崎)

 10本を超えた本塁打数も「すべてはつなぐ意識から」生まれたと話す。

 秋山翔吾が首位打者争いを繰り広げ、骨折で二軍調整中だった森友哉が戻ったものの、中村剛也が故障で離脱。メヒアの状態も本調子ではない。現時点でのライオンズ打線には不安要素も多いのが現状だ。下位を打つ外崎が役割を果たし、なおかつ、自慢の脚力を生かすことができれば、チームにとっては大きな力となるはずである。

 実力も「パ・リーグのスター」となり得るか。外崎にとってもチームにとっても重要な終盤戦に突入する。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
外崎修汰
辻発彦

プロ野球の前後の記事

ページトップ