猛牛のささやきBACK NUMBER

オリックス好スタートの流れに乗れ。
山岡、黒木、澤田の新人投手トリオ。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/13 08:00

オリックス好スタートの流れに乗れ。山岡、黒木、澤田の新人投手トリオ。<Number Web> photograph by Kyodo News

山岡は今年の新人王有力候補にも挙げられている。黒木、澤田とともに一軍に定着できれば、オリックスの投手陣は一気に充実する。

元ロッテの黒木知宏に憧れた「オリックスのジョニー」。

 2日後には東北楽天戦の4-2の8回途中から登板し1点を失ったが、4月4日の埼玉西武戦では8回の1イニングを3者凡退に抑え、4月7日の北海道日本ハム戦も8回を0点で切り抜け、きっちりと役割を果たしている。

 しかし黒木は、どれだけ完璧に抑えたように見える試合でも、決して自分の投球について「よかった」とは言わない。

「変化球がまだまだです」、「ちょっとまっすぐが弱かった」など、納得のいかなかった部分が口をつく。

 西武戦の3者凡退についても、「栗山(巧)さんに粘られて球数が多くなってしまったのは反省点。そういうのが多くなると、シーズンは長いので、1年間戦い抜けない体になってしまう可能性がある。いかに球数を少なくできるかというのも意識しないと。そのことに早めに気づけてよかったです」と語った。

 コメントの中で課題に焦点を当てるのは意識してのことだと言う。

「もうちょっと上に行けるんじゃないかな、という自分への期待も込めて、そういうコメントをしていたりもします。本当に、現状に満足したくないので」

 元千葉ロッテの黒木知宏(現日本ハム投手コーチ)に憧れ、同じ背番号である54番を選んだ。チームメイトに「ジョニー」と呼ばれるオリックスの黒木が、念願のプロの舞台で貪欲に、さらに上に這い上がろうとしている。

「あと出しジャンケン」のような澤田の投球術。

 黒木と同い年、22歳の澤田は、身長178cm、体重96kgのどっしりとした体格がトレードマークの愛されキャラ。豪速球や特別な変化球があるわけではないが、ボールの出所が見えにくく独特の間がある腕の振りに、オープン戦では打者がなかなかタイミングを合わせられなかった。

 チームメイトの小谷野栄一は、そんな澤田の投球術を「あと出しジャンケン」と表現する。

「たいしたスピードはないんだけど、ボールの出所が見えづらくなってて、最後の最後にクルッと出すまで何の球種を投げてくるのかわからない。ついバッターのほうが先に反応しちゃって、それを見て今度は緩い球を投げてきたりする。だからあと出しジャンケンみたいなんです」

【次ページ】 開幕戦、2試合目の登板で失点して意気消沈も……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
黒木優太
澤田圭祐
山岡泰輔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ