スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。
彼が箱根を走った4年間を忘れない。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2017/04/09 11:30

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。彼が箱根を走った4年間を忘れない。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

柏原竜二が山を走った4年間が、箱根駅伝の人気を一段引きあげたのは紛れも無い事実だ。

鉄紺のタスキをかけた4年間をずっと忘れない。

 しかし、ケガの影響もあり、なかなかモデルチェンジは捗らなかった。初マラソンは2015年のシドニー・マラソン。タイム、2時間20分45秒。もう一度マラソンに挑戦したが、結局、このタイムがベストのままとなってしまった。

 振り返ってみると、箱根駅伝5区の距離延長は「マラソンランナーの育成のため」、という目的があったが、柏原の結果を見て判断するならば、残念ながら直結しなかったことになる(その意味でも、5区の距離短縮は適切な判断だった)。

 それでも、思う。

 2009年からの4年間で、柏原竜二は“伝説”になったのだ、と。その輝きは失せることはないし、彼はまぎれもない勝者だった。

 27歳、たしかに早い引退かもしれないが、「おつかれさま」と声を掛けたい。

 そして、君が鉄紺のタスキをかけて走った4年間、そのことを私はずっと忘れない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏原竜二
東洋大学

陸上の前後のコラム

ページトップ