ゴルフPRESSBACK NUMBER

恋もゴルフも人生の波が大きすぎる!
マキロイは、世界3位なのに親近感。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2017/03/12 11:30

恋もゴルフも人生の波が大きすぎる!マキロイは、世界3位なのに親近感。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

一時は世界ランク1位まで上り詰めたが、現在は3位。松山英樹にとっては3歳年上で、これから長く争う相手になること必至である。

「復帰1試合目としてはまあまあ」、マスターズでは?

「タイガー・ウッズにSorryの一言を投げかけることになるとは思ってもいなかったけど、やりたいことがやれない体のタイガーが、今気の毒でならない」

 そう発言したときのマキロイ自身も肋骨を痛めて試合に出られない身だったが、「だから何?」と平然と笑うマキロイだからこそ、ローラーコースターがどれだけ上下動を繰り返しても生き残れるのだろう。

 1月以来の出場となったメキシコ選手権では、現地の水や食べ物で体調不良に陥り、初日は嘔吐や下痢と戦いながらのラウンドになった。

「久しぶりの試合だ。多くを望まず、ローキー(low key)でこの試合に臨んでいる」

 ローキーが功を奏したのか、2日目は首位へ浮上。優勝争いに絡んだものの、3日目、4日目はやや失速し、7位で終了。

「最後の2日間が逆にlow keyになっちゃった。でも復帰1試合目としては、まあまあ上出来かな」

 迫り来るマスターズまでにマキロイのキーは上がるのか、下がるのか。オーガスタで優勝すれば、キャリアグランドスラム達成となる。果たして、グリーンジャケットを羽織ることはできるだろうか。

「妙な“オチ”は、もう付けないでね」と、私はついつい秘かに祈ってしまう。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
タイガー・ウッズ
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ