JリーグPRESSBACK NUMBER

岡田武史とFC今治、JFLの壁に直面。
アマチュア最高峰は「2m」違う! 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2017/03/10 07:00

岡田武史とFC今治、JFLの壁に直面。アマチュア最高峰は「2m」違う!<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

JFL昇格を勝ち取る過程で、岡田武史は何度も怒声を発してきた。目標のJ1まではあと3ディビジョン。その1つずつの壁は、想像以上に高い。

「岡田メソッド」は確かにチームに息づいている。

 相手のプレッシャーが掛かったところでパスミス、判断ミスが多かった。それにボールを失ってからのファウルが多かったのも確かだ。

 一方で、やれたこともある。後半17分に同点に追いついた場面。右サイドの自陣深くからつないでいき、アンカーを経由して左サイドから攻略を試みる。そこに相手が引き寄せられ、空いたペナルティーエリア手前中央のスペースに上がってきたアンカーが入ってきてミドルシュートを決めている。

 同30分には左サイドで数的優位をつくってスルーパスを狙った。奪われたボールをペナルティーエリア手前で逆に取り返すと、3人がエリアの中に侵入。複数のパスコースをつくりだしたうえで最終的には左サイドバックがゴールを挙げている。

 流れのなかからアンカーと左サイドバックがゴールを決めたあたりは面白い。パス、仕掛け、ポジション取りで優位性を保とうとする「岡田メソッド」の一端は、垣間見えた。

 ただその6分後、裏に長いボールを出されて対処できず、抜け出した相手に同点ゴールを決められてしまったのはいただけない。このシーンのみならず、終盤のバタバタぶりに失点のにおいは漂っていた。

 吉武監督は「(JFLを)経験して、なおかつ勝ち点1を取れたのであれば、1年間の修正という意味では良かったかなと思う」とオーナー同様の見解を示している。

 不用意、不注意は不慣れのうちと考えれば、想定外は想定内のうちと捉えることもできる。JFLで戦う教訓を得たうえでの勝ち点1は、「想定以上」の収穫だったと言えるのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
岡田武史
FC今治

Jリーグの前後の記事

ページトップ