マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高校野球が人工芝でドームだったら。
再燃した人気の理由を改めて考える。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/01/25 07:00

高校野球が人工芝でドームだったら。再燃した人気の理由を改めて考える。<Number Web> photograph by Kyodo News

もはや高校野球の象徴になりつつある清宮幸太郎。秋の東京大会で優勝して、センバツにも出場が確実視されている。

人工芝のドームだったら、見に行かなくなるかも。

 “同好の士”に出会ったうれしさ。

 感動を言葉にする人は少ないのだろうが、黒々とした、食べてもおいしそうな色をしたグラウンドの土の上を、試合開始の挨拶を終えて、みずからのポジションに散っていく選手たちの姿を見つめて胸躍らせているファンはきっとたくさんいるのだろう。

 高校野球が、もし全面人工芝のドーム球場で行われるようになったら、人は今の半分ぐらいしか来ないのではないか?

 選手たちも、今ほど笑ったり、泣いたりしないのではないか?

 そんな気がしている。

 そして、私も、もう高校野球の現場には足を運ばなくなるだろう……と、かなり自信を持って言えてしまえる。

 土の黒とユニフォームの白。試合開始のこの瞬間に、スタンドから思わず大きな拍手が沸くのは高校野球だけである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
清宮幸太郎

高校野球の前後の記事

ページトップ