欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「今一番欲しいのは代表のスタメン」
南野拓実は何に悩み、何を目指すか。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/01/14 11:30

「今一番欲しいのは代表のスタメン」南野拓実は何に悩み、何を目指すか。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

1月16日で22歳になる南野拓実は、抱えている危機感を隠そうとはしない。上へ行く、という強い意志がそうさせるのだろうか。

変化は意識だけでなく、体にも。

 2016年の「変化」は、指揮官への自己主張や守備面の意識改革だけに留まらない。このウインターブレイク中には、コンディション維持のためのトレーニング方法にも変化を加えた。

「僕は『姿勢が良い』って言われるんですけど、反り腰なんです。骨盤の位置が悪いことで、疲労が溜まったときに、腰や太ももの裏に負担がきてしまう。それを改善するトレーニングを行なっています。骨盤を正しい位置に乗せたまま、どう次の動きにつなげるかを意識する。これができれば足への負担が減って、90分間を省エネでプレーすることができる。試合終盤のスプリントの質も上がりますし、体のキレも増すはずです。自主トレの練習量自体も増やして、体力アップも図っています。試合に出られない状況でもコンディションを維持して、チャンスが来たときに逃さないためのトレーニングです」

「でもね、今は彼女もいらないと思っているんです」

 リーグ前半戦を終えての個人成績は、9試合出場(先発は2試合)、6得点。次のステップとしてドイツ・ブンデスリーガへの移籍を狙う南野にとっては、到底満足できない数字だ。それでもやっぱり、彼に悲壮感はない。

「考え方次第なんだと思うんです。僕は試合に出られない時期でも成長できると思っているし、サッカー選手としてのストーリーの中で、今の状況をどうアレンジして成功に持っていくか、前向きに考えています。だって、オーストリアでは1人ですし、家に帰ればドイツ語を勉強するか、YouTubeを見るくらいしかやることがない。前向きに考えないと、塞ぎ込むだけで、やっていけないですよ。彼女もいませんから(笑)。でもね、今は彼女もいらないと思っているんです。サッカーで成功するために、本気で集中する時期ですから」

「変化」の先に、目指しているものとは何か。インタビューの最後に訊いてみた。

 2017年の目標を漢字一文字で表すと?

「日本代表の『日』、ですね。今、僕が一番欲しいものは日本代表でのスタメン出場のチャンス。五輪が終わって、もう目指すべきものはA代表しかない。本気で狙っています。ただし、これを実現するためには結果を出さなければならないのも分かっています。だからこそ、変化の途中です。実は目標設定の仕方だったり、目標に対する考え方も、これまでとがらっと変えたんです。でもこの具体的な方法は、成功するまでは言いません。2017年末のNumberさんでのインタビューで話せるように、頑張ります」

関連記事

BACK 1 2 3 4
南野拓実
レッドブル・ザルツブルク
オスカル・ガルシア

海外サッカーの前後の記事

ページトップ