話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

年々得点が減り、失点は増える一方。
3年ぶり無冠のG大阪は何が問題か。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/12/28 11:30

年々得点が減り、失点は増える一方。3年ぶり無冠のG大阪は何が問題か。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

遠藤保仁は今季もリーグ戦のほぼ全てに先発している。今もガンバにとって、彼の使い方がチームの命運を左右することは変わっていない。

戦い方の統一ができなければ、来季も無冠に……。

「今年は年間を通してパフォーマンスがよくなかった」

 今シーズン終了後、遠藤はそう語った。

 個の質は高いが、チームとしてその力を生かすことができなかった。

 来季はチームの選手の顔ぶれが大きく変わるだろう。守備重視の原点に戻るのか、それとも攻撃型へと新たにシフトしていくのか。いずれにしてもチームとしての「強み」を押し出すべく戦い方を統一しなければ、2016年のように無冠の悔しさを味わうことになる。常にタイトルを争うファイナリストになれるチームになり、そこで勝てるチームになるか、それともズルズルと中位レベルに落ち込むのか。

 2017年シーズンはガンバにとって、大きな節目となるシーズンになるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
遠藤保仁
ガンバ大阪
今野泰幸

Jリーグの前後の記事

ページトップ