沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

史上初、5つのGIの馬券が買える日。
香港ではムーアが4冠の可能性も。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2016/12/10 08:00

史上初、5つのGIの馬券が買える日。香港ではムーアが4冠の可能性も。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

モーリスが出走する香港カップの人気上位は日本馬が独占状態。舞台を変えての頂上対決はどんな結果に?

12頭のうち5頭が日本馬、そして4頭がGI馬。

 国際色の豊かさと書いたが、例えば、今年の香港カップ(日本時間11日17時30分、シャティン芝2000m、3歳以上GI)は、出走馬12頭のうち5頭が日本馬で、6頭が香港馬、1頭がフランス馬なので、国際色が豊かと言うより「日本色が豊か」と言ったほうが正しいかもしれない。

 数だけではなく、5頭のうち4頭がGIホースなのだから、香港のコースを借りて日本のGIをやるようなものではないか、というのは言い過ぎだろうか。

 昨年の覇者エイシンヒカリ(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・坂口正則厩舎)が絶好の1番枠を引いた。昨年は、ゲートから出てすぐコーナーのあるここでは不利な11番枠から出たが、武豊が素早く内に進路を切り換える「神騎乗」でハナに立ち、逃げ切った。

 今年はもっと楽に自分の形に持ち込めるが、一度はレーティング世界一に立っただけに、マークがきつくなる。勝つか惨敗かというのは世界のどこで走っても同じという、実に悩ましい馬だ。軸にはしづらいので、買うとしたら単複の応援馬券か。

本命は崩れなさを信頼してモーリス。

 対照的に、アクシデントでもない限り、まず崩れないと思われるのがモーリス(牡5歳、父スクリーンヒーロー、美浦・堀宣行厩舎)だ。距離が不安視された天皇賞・秋で、ライアン・ムーアが見事に折り合いをつけて楽に抜け出した。過去にシャティンのマイルで2勝しており、コース適性は実証済み。ポイントは、強い競馬をした場合のエイシンヒカリをどこでつかまえるか、だろう。

 モーリスが勝った天皇賞・秋で3着だったステファノス(牡5歳、父ディープインパクト、栗東・藤原英昭厩舎)も、前走のエリザベス女王杯でGI初制覇を遂げ、300万円以上の追加登録料を払って出走するクイーンズリング(牝4歳、父マンハッタンカフェ、栗東・吉村圭司厩舎)も充実期を迎えている。

 ということで、印を。

◎モーリス
○ステファノス
▲エイシンヒカリ
△クイーンズリング
×ブレイジングスピード
注デザインズオンローム

【次ページ】 ムーアが4連勝する、という可能性も!?

BACK 1 2 3 NEXT
モーリス
エイシンヒカリ
ライアン・ムーア

競馬の前後のコラム

ページトップ