オリンピックPRESSBACK NUMBER

なぜ日本マラソン界はダメになった?
「福岡国際マラソン」からの再出発。 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/12/02 08:00

なぜ日本マラソン界はダメになった?「福岡国際マラソン」からの再出発。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

新しく、長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーに就任した瀬古利彦氏に期待がかかる。

駅伝重視の中、年々減っていくマラソン大会出場者。

 男子の世界選手権・代表選考レース第1弾である12月4日の福岡国際マラソンは、日本人の出場選手を見ると少々寂しい状況になっている。

 今年で70回目となるこの大会は、かつては実質的なマラソン世界一を決める大会として世界中の選手が目標にする大会でもあった。

『日本のマラソンはなぜダメになったのか』の中で、現在のマラソン界の問題点について語っている歴代の日本記録保持者たち――宗茂、瀬古利彦、中山竹通、児玉泰介、藤田敦史、高岡寿成らがしのぎを削ってきた大会として、立派な伝統もある。

 だが近年は選手やチームが駅伝を重視するようになったことで、有力選手の出場は激減しているという。かつてのように、このマラソン大会で勝負して、その後の駅伝もしっかり走る……というタフな選手はいなくなっているのだ。

3連覇を狙うマカウ、'15年世界2位のツェガエが出場。

 注目選手のひとりだった川内優輝が、右ふくらはぎを痛めたために2月の東京マラソンへスライドするかもしれない状況になっている福岡国際マラソン。

 海外選手は、元世界記録保持者で大会3連覇を狙うパトリック・マカウ(ケニア)や'15年世界選手権2位のイエマネ・ツェガエ(エチオピア)などの強豪が出場する。その中で、ベテランの前田和浩などが、他の日本人選手たちに危機感を持たせるような驚くべき走りをして、変革への期待感を高めてくれるかどうか――見所はその一点に絞られる。

 リオ五輪でのマラソン日本代表選手の成績を、果たしてどれくらいの人が記憶しているだろうか……。男子最高位は佐々木悟の2時間13分57秒で16位、女子は福士加代子の2時間29分53秒で14位である。折山淑美氏の最新刊『日本のマラソンはなぜダメになったのか』(文藝春秋)では、停滞を続ける日本マラソン界の問題点を、日本マラソン界の歴代記録保持者たちが激白。東京五輪に向けて、今何をすべきかを徹底的に論じています。駅伝ファン、マラソンファン必読の一冊です。
『日本のマラソンはなぜダメになったのか』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『日本のマラソンはなぜダメになったのか』

日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!

男子マラソンの日本記録が14年も更新されていないのをご存じだろうか。それでもなお、リオ五輪の男子マラソン中継は視聴率ナンバーワンだった。ちなみに女子マラソンは3位。日本人のマラソンへの興味は尽きることがない。

<本体1,450円+税/折山淑美・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川内優輝
瀬古利彦
坂口泰氏
山下佐知子
宗茂
中山竹通
児玉泰介
藤田敦史
高岡寿成
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ